お問い合わせ

お問い合わせ

コインランドリーピエロ > コラム > コインランドリーでクッションは洗える?正しい洗い方とは

コインランドリーでクッションは洗える?正しい洗い方とは

2021.10.25

長年使ったクッションは、汚れや臭いが気になったり、へたれてきたりしますよね。
そうなればきれいにしたい・洗いたいと思う方も多いと思います。

今回は、クッションはコインランドリーで洗えるのかどうか、洗えるのであればどう洗うのか、それぞれについて解説します。
きれいに洗えるように、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

 

コインランドリーでクッションは洗えるのか?

そもそもクッションをコインランドリーで洗うことはできるのでしょうか?
クッションは、カバーと中身に分けられ、色んな種類の素材で作られているため、コインランドリーで洗える素材と洗えない素材があるというのが事実です。
まずは洗濯表示タグを確認し、お持ちのクッションを洗うことができるのか確かめましょう

洗える素材は複数種類があるため、それぞれの洗い方を紹介します。

 

ビーズ・ポリエステル

ビーズ・ポリエステル製のクッションは基本的には丸洗いが可能な素材です。
カバーを外したらいつも通り洗濯をして問題ありません。

ただし、ビーズのものは生地が破けたり、傷んでいたりすると中からビーズが飛び出してきてしまいます。
洗濯中に破けないように、また、万が一破けても洗濯機の中で飛び散らないよう、目の細かな洗濯ネットを使うことを強くおすすめします。

洗濯が終わったら、しっかり内側まで乾燥させましょう。
ビーズのクッションは洗濯ばさみで吊るしても型崩れしないため問題ありません。
ただし、熱に弱いものが多いため、乾燥機は使わない方が良いです。

ポリエステル製のクッションは、吊るして干すと中身が偏ってしまいます。
形をきれいに整えて、平らな場所におくと型崩れせずに乾かすことができます。ポリエステルのものでも、乾燥機を使うのは控えましょう。

 

ダウン・フェザー

ダウンとフェザーは水鳥の羽毛や羽根のことを指し、かなり水に強い素材です。
その為、問題なく洗濯機を使うことが可能です。

ただし、フェザーは羽根の芯が折れてしまう場合があります。
洗濯機を使用する場合は、通常よりも優しく洗えるコースで洗うことをおすすめします。

また、ダウン・フェザーともに、濡れた状態は非常にデリケートです。
濡れている状態で圧力をかけてしまうと、乾いてもふかふかになりにくくなってしまいます。
中身がしっかりと乾くまで、触れないように注意しましょう。

 

コインランドリーでクッションを洗う際の注意点

コインランドリーでクッションを洗う時には、3つの注意点があります。
洗えるものであっても、雑に洗ってしまうと劣化をはやめてしまいます。
丁寧な洗い方を覚えて、長持ちさせましょう。

 

注意点① クッションの洗濯を禁止していることがある

コインランドリーは、店舗・場所によってルールが決まっています。
クッションの洗濯を禁止している場合があるため、コインランドリーのルールを確認してから洗うようにしましょう。
ルールが分からない場合は、電話で問い合わせてみても問題ありません。

 

注意点② 洗濯ネットを使う

ビーズ以外のクッションであっても洗濯ネットを使うようにしましょう。
コインランドリーの洗濯機はパワーが強力なため、洗濯ネットを使わずにそのまま入れてしまうとちぎれてしまう可能性があります。
クッションを長持ちさせるため、洗濯ネットは忘れずに活用しましょう。

 

注意点③ 必ず内側まで乾燥させる

クッションは厚みがあるため、内側まで乾くのに時間が必要です。
しかし、完全に乾く前に干すのをやめてしまう、カビ発生の原因となります。
乾燥機をうまく活用してしっかりと乾かすようにしてください。

また、洗濯表示タグで乾燥機をつかって良いかどうかも確認する事ができます。
乾燥機を使う前に確認することを忘れないようにしてください。

 

自宅でのクッションの洗い方

素材によってはクッションをコインランドリーで洗えることが分かりました。
しかし、お近くのコインランドリーがクッションの洗濯を禁止している場合や、そもそも近所にコインランドリーがない方もいると思います。

そのような方のために、自宅でもできるお手入れ方法を紹介します。

 

お手入れ方法① シミの部分洗いをする

カバーに液体をこぼしてしまったり、シミなどの汚れが付いたりした場合、部分洗いをしましょう。
シミに洗剤を塗り、歯ブラシで擦ったり軽く揉んだりすることでシミを落とせます。
どうしても落ちない場合は、つけ置きしてから洗ってみると効果的です。

 

お手入れ方法② 消臭スプレーを使う

除菌効果付きの消臭スプレーを吹きかけ、通気性の良い場所で干すと臭いを減らすことができます。
スプレーはクッションの表面が濡れるくらい吹きかけるのがおすすめです。
しっかり吹きかけて、ちゃんと乾かしましょう。
天日干しをすると劣化が早まってしまう可能性があるため、干すときは基本的に日陰で干しましょう。

 

クッションはコインランドリーで洗える素材と洗えない素材がある

クッションは素材次第ではコインランドリーで洗濯機や乾燥機の利用ができることが分かりました。
しかし、水にぬらしてはいけない素材や熱に弱い素材もあるため、洗濯表示タグの確認は欠かさずに行いましょう。

 

近くのコインランドリーをお探しなら、コインランドリーピエロへ!
毎日のランドリー清掃と専門オペレーターがいるので、安心してお使いいただけます。

関連記事

服についた頑固な油染み・油汚れの落とし方4選

コインランドリーで汚れが落ちる理由はお湯にあり?

敷布団をコインランドリーで洗濯する手順と注意点を解説

pagetop