お問い合わせ

お問い合わせ

コインランドリーピエロ > コラム > スニーカーの洗い方を素材の種類ごとに詳しく解説

スニーカーの洗い方を素材の種類ごとに詳しく解説

2022.05.31

スニーカーはカジュアルコーディネートの主役として人気ですが、日常的に履いていると汚れがどうしても気になりますよね。 

スニーカーは洋服より汚れやすいので定期的に洗いたいものの、スニーカーの正しい洗い方やお手入れ方法がよくわからないという方も多いのではないでしょうか? 

そこで今回は、スニーカーの洗い方を素材の種類ごとに解説します。 

スニーカーの洗い方でお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。 

洗えるスニーカーかどうかの判断方法

一口にスニーカーといってもさまざまな種類があるため、スニーカーを洗う前には素材を確認することが重要です。 

スニーカーの素材に合った洗い方をすることで、スニーカーを傷めずに洗えます。 

水洗いできるスニーカーの素材は、布やビニール、ゴムなどです。 

これらの素材は水に濡れても縮みにくく、洗剤にも強いので水洗いできます。 

対して、スニーカーに天然革やエナメル、スエードなどが素材として使われている場合は水洗いできません。 

デリケートな素材は、水につけると素材が傷んでしまいます。 

そのため、汚れたときにはブラシで汚れを払い落としたり、クリームをつけた布で拭き取ったりするなどの専用のケアが必要です。 

また、装飾が付いている場合や異なる素材が組み合わさっているスニーカーの場合も、水洗いには向いていません。 

リボンやスパンコールなどの装飾が水に濡れて傷む可能性があるうえに、装飾自体が水洗いできないこともあります。 

飾り付きや異素材でできたスニーカーは水につけて洗うことは避けましょう。 

素材の種類ごとのスニーカーの洗い方

スニーカーは、素材ごとに適切な洗い方があります。 

ここからは、スニーカーの素材の種類ごとに洗う際に必要なものと洗い方を紹介します。 

種類①レザー(合成皮革)

レザーのスニーカーは、光沢によって高級感があるため近年人気です。 

汚れた際には、水に浸して洗うのではなく汚れを拭き取って洗います。 

レザーのスニーカーを洗う際には、以下の洗剤と道具を用意する必要があります。 

レザーのスニーカーを洗う際に用意する洗剤と道具 

  • 中性洗剤
  • メラミンスポンジ
  • スポンジ
  • エタノール
  • タオル2~3枚

レザーのスニーカーを洗う手順

レザーのスニーカーはお手入れが難しいイメージがあるかもしれませんが、意外と簡単にできます。 

以下に、レザーのスニーカーを洗う手順をまとめました。 

レザーのスニーカーを洗う手順 

  1. 中性洗剤を水で10倍ほどに薄めてスポンジに含ませる
  2. レザーの部分を泡で優しくこする
  3. 乾いたタオルでレザーの部分についた泡を拭き取る
  4. 濡れタオルでレザーの部分に残った洗剤の成分を拭き取る
  5. メラミンスポンジでソール部分の汚れをこする
  6. ソール部分の頑固な汚れはタオルにエタノールを含ませて拭き取ったら完了

頑固な汚れがついている際に、ブラシでこするとレザーのコーティングがはがれる可能性があります。 

そのため、ブラシでこすることは避けてメラミンスポンジでこすって汚れを落としましょう。 

種類②メッシュ

メッシュのスニーカーは、通気性がよくスポーツ用のスニーカーに多いです。 

基本的に水洗いできることが、メッシュのスニーカーの特徴です。 

メッシュのスニーカーを洗う際には、以下の洗剤と道具を用意する必要があります。 

メッシュのスニーカーを洗う際に用意する洗剤と道具 

  • 中性洗剤
  • 大きめのバケツ
  • メラミンスポンジ
  • 洗濯ブラシ
  • お湯1ℓ

メッシュのスニーカーを洗う手順

メッシュのスニーカーは通気性がいい反面、雨や泥が染み込みやすいです。 

以下に、メッシュのスニーカーを洗う手順をまとめました。 

メッシュのスニーカーを洗う手順 

  1. 靴紐と中敷きを取り外す
  2. 泥や砂などの汚れを落とす
  3. 40℃程度のお湯1ℓに洗剤5gを溶かす
  4. スニーカーをお湯に30分ほどつけ置きする
  5. ブラシでラバーの部分をこする
  6. ソール部分の落ちない汚れはメラミンスポンジでこする
  7. 全体的に洗剤を付けてブラシで軽くこすり洗いする
  8. ぬるま湯ですすぐ
  9. 水気を切って直射日光を避け乾燥させたら完了

メッシュは水分を含むと型崩れしやすいので、不要なタオルや新聞紙を詰めて干すと型崩れを防げます。 

種類③キャンバス地

キャンバス地のスニーカーは、ナチュラルな雰囲気が魅力で人気です。 

キャンバス地のスニーカーを洗う際には、黒ずみ汚れに効く弱アルカリ性の粉末洗剤を使うことをおすすめします。 

キャンバス地のスニーカーを洗う際には、以下の洗剤と道具を用意する必要があります。 

キャンバス地のスニーカーを洗う際に用意する洗剤と道具 

  • 弱アルカリ性の粉末洗剤
  • 大きめのバケツ
  • メラミンスポンジ
  • 洗濯ブラシ(獣毛ブラシを推奨)
  • お湯1ℓ
  • 洗濯用石鹸

大きめのバケツがない場合には、洗面台のシンクを使用しても大丈夫です。 

キャンバス地のスニーカーを洗う手順

キャンバス地のスニーカーは綿素材なので、お手入れがしやすいです。 

以下に、キャンバス地のスニーカーを洗う手順をまとめました。 

キャンバス地のスニーカーを洗う手順 

  1. 靴紐と中敷きを取り外す
  2. ほこりや砂などの汚れを落とす
  3. 40℃程度のお湯1ℓに洗剤5gを溶かす
  4. スニーカーをお湯に30分ほどつけ置きする
  5. ブラシでラバーの部分をこする
  6. ソール部分の落ちない汚れはメラミンスポンジでこする
  7. キャンバス地の部分に洗濯用石鹼をつけてブラシでこする
  8. ぬるま湯ですすぐ
  9. 水気を切って直射日光を避け乾燥させたら完了

とくに先端のラバー部分がきれいに保たれていると、清潔感が増すので重点的に洗うとよいでしょう。 

スニーカーの干し方

スニーカーを水洗いしたときは、生地が縮まないようにできるだけ早く乾かしましょう。 

まずはスニーカーの水気を切って、風通しのよいところで陰干しします。 

陰干しする際には、かかとを下にして壁などに立てかけるとよいでしょう。 

針金ハンガーの両端を上に折り曲げたものにスニーカーを掛けて干すと、接地面積が減って早く乾かせるのでおすすめです。 

スニーカーを干すときの注意点として、直射日光やドライヤーでの乾燥があります。 

紫外線や急激な熱を当てることで、生地の変色や変形することが考えられます。 

素材によっては洗濯機でもスニーカーを洗える

メッシュや布などの水洗いできる素材でできたスニーカーであれば、洗濯機で洗えます。 

スニーカーを洗濯機で洗う際には、靴専用の洗濯ネットの使用がおすすめです。 

靴専用の洗濯ネットに入れることで、スニーカーが傷みにくくなります。 

また、最近では靴専用の洗濯機・乾燥機が設置されているコインランドリーもあります 

2~4足程度をまとめて洗うことができ、洗剤や靴専用の洗濯ネットを持ち込む必要もありません。 

手洗いの手間を省きたい場合や、雨の日が続いて早く乾かしたい場合などに便利です。 

スニーカーの素材によって洗い方が異なりメッシュやキャンバス地の場合は水洗いができる

いかがでしたでしょうか? 

スニーカーを洗う際には、洗える素材であるかどうかを確認することが重要です。 

素材がレザー、メッシュ、キャンバス地などのスニーカーは洗えますが、素材ごとに適切な洗い方があります。 

水洗いしたあとは、直射日光を避けて風通しのよいところで陰干しします。 

また、水洗いできるスニーカーの場合は、洗濯機やコインランドリーの靴専用の洗濯機・乾燥機の利用もおすすめです。 

コインランドリーピエロでは、靴を洗えるスニーカーウォッシャーも揃えています。 

毎日のランドリー清掃と24時間のオペレーターの電話対応もあり安心してお使いいただけますので、ぜひ一度お近くの店舗をご利用ください。 

https://laundry.senkaq.com/

関連記事

冬に洗濯物をどこに干すか悩んだときに使える6つの解決策

ネットで稼働状況が一目瞭然!コインランドリーの便利機能

敷布団をコインランドリーで洗濯する手順と注意点を解説

pagetop