お問い合わせ

お問い合わせ

コインランドリーピエロ > コラム > コインランドリーの利用で家庭の水道代を抑えることができるか!? 

コインランドリーの利用で家庭の水道代を抑えることができるか!? 

2021.05.25

主婦にとって家計のやりくりは大事なこと。 

節約、倹約するにはなにをどうすればいいのか──結構、頭を悩ませるものです。 

 

わが家では、洗濯物がたくさん出て何度も洗濯しなければならなくなったり、雨の日が続いて乾かすことができなかったりすると、よくコインランドリーのお世話になります。 

 

季節の変わり目のときもそうです。 

 

布団や毛布などの家庭用洗濯機では洗えないものも、コインランドリーでお洗濯といった使い方をしています。 

 

そこで気になったのが、コインランドリーのコストです。 

結論からいえば、ご自宅でお洗濯した方が、お値段的には安上がりになるかと思います。 

 

ある調査データによると、ご家族3〜4人分の一回あたりの洗濯物は、約4.5 

kg〜6kgだそうです。洗剤や柔軟剤、電気代や水道代を含めた1ヵ月のコストは、3,000円程度から5,000円弱との試算があります。 

2,000円近い幅があるのは、洗濯機だけの場合と洗濯機と乾燥機の両方を使っている家庭もあるからかもしれません。 

 

これに対してコインランドリーを利用した場合、1回あたりの洗濯と乾燥を合わせると、おおむね600円から800円程度のコストがかかるとされています。 

 

コストだけ見れば、圧倒的にご家庭で洗濯した方がお得だということがわかります。 

 

ですが、コストパフォーマンスを考えると、コインランドリーを使った方がいいこともたくさんあります。 

 

たとえば、お布団や毛布のような大きな洗濯物でも洗えること。 

クリーニングに出した方が安心かもしれませんが、どうしても仕上がりまで日数がかかってしまいます。 

その点、コンランドリーでお洗濯すればその日から使うこともできますし、仕舞うこともできます。 

 

ご家庭で洗うことができる布団や毛布であれば、コインランドリーがオススメです。 

 

あとはあまり知られていないかもしれませんが、最近のコインランドリーは専用の洗濯洗剤を用意していて、洗い上がりがまるで違うということです。 

 

家庭用の一般的な洗濯洗剤と比べて洗浄力がとても高く、ひどい汚れでもしっかり落としてくれるのです。 

育ち盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、汚れの洗い残しを気にされることもあるのではないでしょうか。 

 

じつはわが家もそうなんです。 

靴下の黒ずみは毎度のこと。下着や服の汗染みやニオイも気になるところです。 

 

家庭では落としきれない汚れやニオイも、コインランドリーの専用洗剤ならば、スッキリ解消してくれるはずです。 

そのうえ乾燥機も家庭用よりパワーがありますので、殺菌やダニ退治の効果も期待できます。 

 

たしかに一回あたりのコストを比べれば、家庭で洗濯した方が安上がりです。しかし、コインランドリーにはコインランドリーならではメリットがたくさんあるのです。 

 

ちなみに、わが家にとってコインランドリーのどこが魅力的かというと、一度に大量の洗濯物を一度に洗うことができるからです。 

 

わが家は人家族なのですが、いろいろと事情がありまして、一日あたりの洗濯量がハンパありません。 

調査データにあるよう5kg前後ではとても収まらず、一日に二度、三度と洗濯機を回すことも……。 

 

雨天が続いた日などは、最高記録で6洗濯したことがありました。 

このときは衣替えやなにやらが重なったこともあったのですが、そのためわが家では毎月の水道代がバカになりまりません。 

 

一世帯あたりの平均的な水道代は、2ヵ月で1万円前後だと聞いています。 

ところが、わが家では2万円半になるのは毎度のこと。 

あるときなどは、3万円に肉薄することもありました。 

 

水の出しっ放しに注意したり、トイレの水量を抑えたり……。 

まめな努力を重ねつつも、水道代が劇的に下がることはありませんでした。 

 

もしかしたら、洗濯が問題なのではと考えたのはいうまでもありません。 

わが家の洗濯機は家庭用でも比較的大型のもので、洗濯物の量が多いときは洗濯時に最大58リットルの水を注入します。 

 

そこでわが家で試みた実験が、コインランドリーを併用してみて、水道代が下がるかどうかでした。 

コリンランドリー利用は、たしか月に4〜5回程度。 

 

下着や日常使いの衣服は自宅で洗濯し、時間をおいてもいい洗濯物は目一杯にためこんでコインランドリーで一気にお洗濯。 

 

その結果、1万6000円代から1万8000円程度まで下がったのです。 

 

これはわが家だけの問題かもしれませんが、水道代に占める洗濯の割合がとても大きかったようです。 

 

ですが、「コインランドリー代がかかるわけだから、相殺されるのでは?」という疑問は当然のこと。 

 

わが家は洗濯物の量が多いため、一回あたりのコンランドリー料金は1,000ちょっと。月に数回の利用となると、コスト的にはあまりかわらないように思えます。 

 

しかし、わが家では洗濯洗剤や柔軟剤の使用量もおそらくはかなり多い方だったと思います。ドラッグストアやホームセンターに行くたびに購入し、買い置きして切らさないようにしていたほどです。 

 

激減とまではいかなくとも、洗剤や柔軟剤の購入金額も減りましたので、少しは浮いたかなぁと思っています。 

 

そしてなによりも、洗濯回数が減ったことによる家事の軽減を実感しました。 

洗濯回数が減ったおかげで時間にちょっとだけ余裕ができました。 

 

洗濯物の洗いあがりもバッチリですし、こうしたメリットはお金には換算できないコストパフォーマンスだと思います。 

 

ただし、これはわが家の洗濯事情がコンランドリーとの併用にぴったりだったから。 

もしかしたら特殊な事情といえるかもしれません。 

ですが、洗濯物の多いご家庭でなおかつ、すぐに洗濯しなくてもいい衣類などが多いのであれば、一度試してみる価値があるかもしれません。 

 

少しでも節約につながれば幸いです。 

近くのコインランドリーをお探しなら、コインランドリーピエロへ!
毎日のランドリー清掃と専門オペレーターがいるので、安心してお使いいただけます。

関連記事

スニーカーの洗濯はコインランドリーがオススメ!

コインランドリーに洗濯ネットは必要?

洗濯機で毛布を洗濯する方法と洗濯の頻度を詳しく紹介

pagetop